何もしない週末旅~高級温泉旅館&リゾートホテル宿泊記~

熱海・箱根・伊豆のおこもり滞在記。GoToトラベルも安心して楽しめる「露天風呂付き客室」を紹介しています。

熱海:③ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド お食事編(2019年1月)

私はここのお食事が本当にお気に入りでして、何度もリピートしてしまうほど大好きなんです。この日は確か4度目の宿泊だったかな?

レストランは、お洋服に着替えてから向かいます。浴衣などではお食事をいただくことはできませんのでご注意を。

f:id:tokyodinks:20201119134641j:plain

お皿とお品書きの音符デザインが素敵ですよね。

夕食

f:id:tokyodinks:20201119140534j:plain

フレンチですが、和の雰囲気もありますよね。テーブルにお箸も用意してくださるのでとても食べやすいです。

 

f:id:tokyodinks:20201119141336j:plain

 

f:id:tokyodinks:20201119141520j:plain

 

f:id:tokyodinks:20201119141550j:plain

器も個性的で素敵です。
もちろん、全部美味しくいただきました。いつも満足度が高いな~。

 

朝食

夕食と同じレストランでいただきますが、朝日がたっぷりと差し込み眼下には熱海の街並みと海が広がります。

f:id:tokyodinks:20201119143131j:plain

まずは、フルーツ、ヨーグルト、スムージーやビネガーがサーブされます。

 

f:id:tokyodinks:20201119143518j:plain

朝食は自分の好みでカスタマイズできます。私はサラダにこのハムを乗せるのがお気に入り。もちろんハム無しでもオーダーできますよ。

 

f:id:tokyodinks:20201119143836j:plain

パンも、自分好みのものをチョイス。私はクロワッサンに目がないので、クロワッサンはマストで。

 

f:id:tokyodinks:20201119144129j:plain

卵料理は、オムレツを。添えられたスープも優しいお味でした。

 

つづきます。

熱海:②ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド お風呂編(2019年1月)

お部屋の露天風呂は、ゆったり大きめサイズ。

f:id:tokyodinks:20200416151418j:plain

眼下には駿河湾と熱海の街並みが広がり、聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。日常から解き放たれた気持ちを存分に味わえます。

 

f:id:tokyodinks:20200416152427j:plain

パウダールームは2ボールでシンプルで洗練された造り。

歯磨き用のコップが陶器なんですよね。割れない素材を採用しているお宿が多いなか、こだわりを感じます。

 

f:id:tokyodinks:20200416154215j:plain

シャワーブースはこんな感じで露天風呂のすぐ隣に併設。

 

f:id:tokyodinks:20200416153155j:plain

熱海の温泉は本当にわたし好み♡

湯上りもやさしいふわっとした香りがほのかに続き、汗がなかなかひかないほど体の芯から温まります。

 

f:id:tokyodinks:20200416155011j:plain

夜明けの空。

 

つづきます。

熱海:①ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド お部屋編(2019年1月)

今回は珍しく熱海で2泊の旅。

一日目は、私の誕生日記念で「ATAMIせかいえ月の道」に夫とふたりで宿泊。

二日目は、私と私の母のふたりで「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」に宿泊。

せかいえ月の道を12時にチェックアウトした後、熱海駅で母と合流です。予約していたお寿司屋さん「英(はなぶさ)」に向かい3人で美味しいランチをいただいたあと、夫は翌日のお仕事の都合でひとり帰路へ。

そして、母とふたり「ホテルグランバッハ熱海」チェックイン。このホテルは私の唯一の定宿で、いつもはのんびりとおひとりさまの週末旅に利用しています。お食事も接客もお部屋もぜーんぶ最高なこのお宿に、いつか母を連れてきてあげたいとずっと思っていたんです。

f:id:tokyodinks:20190407142853j:plain

お部屋に到着すると、スイーツの玉手箱が♡

シャンパンは、一休のダイヤモンド特典です。スパークリングワインじゃなくてシャンパン♡なのが嬉しい。キリっと冷えてドライな泡と一緒にまずは3時のおやつタイム。

 

f:id:tokyodinks:20190604150814j:plain

今回のお部屋タイプは「露天風呂付き 洋室ハリウッドツイン」。ベッドからも外の景色を眺めることができて、マッサージチェアも完備です。

 

f:id:tokyodinks:20190407141438j:plain

普段、おひとりさまで利用するのはリーズナブルなビューバス付のお部屋です。浴室の窓を開ければ外気を感じながらのバスタイムを楽しめます。あとは、露天風呂付和室もおすすめ。和室は時々お得なプランが出ていることもあるので、そんな時は予算を少しプラスして露天風呂を独り占めしながら滞在しています。

 

f:id:tokyodinks:20191022151025j:plain

 お部屋の食器類も品があって素敵なんですよね。

 

つづきます。 

熱海:⑤ATAMIせかいえ月の道 感想&お得情報(2019年1月)

f:id:tokyodinks:20190202115948j:plain

送迎

熱海駅までの無料送迎あります。系列お宿の「熱海ふふ」さんはラグジュアリーな専用車で送迎してくれるのですが、せかいえさんは、手配してくれたタクシーでの送迎でした。

 

チェックイン・チェックアウト

チェックイン:15:00

チェックインの手続きはお部屋で行います。到着してすぐにお部屋に案内してくれるのは嬉しい。ウェルカムドリンクサービスはありません。

 

チェックアウト:12:00

基本プランのチェックアウトは11時です。私は12時アウトのプランを選びました。

 

一休ダイヤモンド会員特典

クルティルームスプレイ又はウィスキーミニチュアボトル (1組につき1個/どちらかを選択)

 

私はルームスプレイをいただきました。帰りにのぞいた館内のおみやげ売り場では、5000円で販売されているものだったので、お得な気分に。

ウィスキーは、お好きなミニボトルを2本チョイスできるようです。確か、オールドパーなんかもあったような。

 

宿泊プラン

2019年1月上旬に宿泊。

【大切な日をシャンパン・ケーキと共に12時迄 記念日プラン】~せかいえ月の道 肉料理 ひとしお~

1万円の割引クーポンが、ちょうど配布されていたのでお得に宿泊することができました。気になるお宿を「行きたい」に登録しておくと、お得なクーポン情報などが届くようになりますよ~。

 

感想

鉄板焼きスタイルのお食事が本当に美味しかったです。器もこだわっているし、朝夕ともに目の前で調理してくれるので出来立ての状態で美味しくいただくことができました。

お部屋の設えはもう少しあたたかみのある雰囲気が好みなので、今回通されたお部屋はちょっと無機質なイメージを受けましたが、お部屋ごとに調度品は異なるようなので、次回宿泊する場合は、お部屋の好みをリクエストとして伝えてみようかと思います。

んーでも、お部屋の露天風呂が狭めなのが唯一の気がかり…。これさえ解決されればリピート決定なんですがね。

 

④アメニティ&設備編

③お食事編

②お風呂編

①お部屋編

 

熱海:④ATAMI せかいえ月の道 アメニティ&設備編(2019年1月)

バスアメニティ

f:id:tokyodinks:20190126165613j:plain

スキンケアアイテムはLEAF&BOTANICS。

手前のBOTANICA ESSENCEは、シャンプーやボディローション類。シャンプー・コンディショナー・ボディソープはシャワーブースにボトルで用意してるものもあります。

 

f:id:tokyodinks:20190126170143j:plain

そして、引き出しを開けたらこんなに用意されていました。

手前のALGOTHERMはフランスのタラソ系っぽい。これは使ったことないから楽しみ♪

奥のはomnisensでこちらもフランスのブランドなんだけど、肌が丈夫な私ですらちょっと合いません。他の宿でも利用したことあるのですが、化粧水とかピリピリとしびれる刺激が。

 

バスローブ

f:id:tokyodinks:20190126171456j:plain

丈が少し短めかな。身長157cmの私で、ふくらはぎくらいの丈。男性にはだいぶ短いんじゃないかと思います。

 

ジュエリーBOX

f:id:tokyodinks:20190126171904j:plain

私にとって、ジュエリーBOXがあるかないかは結構大きなポイント。

置いてないお宿はピアスやリングなどの置き場に困り、仕方なく茶托をしぶしぶ活用したり…。

 

スマホ充電器

f:id:tokyodinks:20190126172342j:plain

しっかり常備してくれています。


つづきます。

⑤感想&お得情報

③お食事編

②お風呂編

①お部屋編

 

熱海:③ATAMI せかいえ月の道 お食事編(2019年1月)

「月の道」宿泊者は鉄板焼きをいただきます。カウンターに着席ですが一組ごとにパーテーションで仕切られているので、隣の人との距離感が気になることはありません。

レストランは、浴衣姿でOK。

f:id:tokyodinks:20190124110017j:plain

なんだか高そうなボトルが並ぶ店内。ふふふ、いい眺め♪

 

夕食

f:id:tokyodinks:20190124111114j:plain

フォアグラとトリュフを使ったこの前菜がめちゃくちゃ美味しかった!

一番最初に口にしたこの一品で、このあと出てくる食事への期待が一気にあがります♡

まわりに写ってるフィルムは耐熱性のラップで、これに食材がくるまれた状態(茶巾状態?)で鉄板の上でじゅうじゅうと温めたものをサーブしてくれます。調理法がなかなか面白いですよね。初めて見ました。

 

f:id:tokyodinks:20190124151004j:plain

牛タンだったかな。肉厚ですが、とっても柔らかい。 

 

 

f:id:tokyodinks:20190124151300j:plain

 

 

f:id:tokyodinks:20190124151413j:plain

お肉つづきの途中で、お口直しのおそば。店内で手打ちしているそうです。

 

 

f:id:tokyodinks:20190124151604j:plain

皮目がパリパリっと香ばしいチキン。

そうそう、このお宿は器がすべて美しかったです。

 

 

f:id:tokyodinks:20190124151918j:plain

待望のビーフ

 

 

 

f:id:tokyodinks:20190124152357j:plain

締めは3種類の中から選べて、私はカレードリアっぽいものをチョイスしました。

 

お食事中はワインをグラスでいただきましたが、スタッフさんの薦めてくれたワインが本当においしくて、満足度の高いディナータイムとなりました。

 

 朝食

朝日の差し込むレストランで、朝食も目の前の鉄板で調理してくれます。

f:id:tokyodinks:20190124153548j:plain

ロメインレタスとじゃこを炒めた温かいサラダ。これがものすごく美味しかった!

帰宅後、真似してフライパンで炒めてみたんだけれど、あんなにシャキシャキっとした炒め方はできなかったな。

 

 

f:id:tokyodinks:20190124154153j:plain

朝食は和食と洋食を選べますが、一組ごとにどちらかで統一です。

なので、夫は和食・妻は洋食といった選択はできません。

 

 

f:id:tokyodinks:20190124154524j:plain

そして、このだし巻き卵!

こちらも目の前の鉄板焼きで作っていただくのですが、ひろい鉄板の上に広がってしまう卵液を上手にまとめて成型するのは難しいらしいです。

 

 

f:id:tokyodinks:20190124154839j:plain

デザート。フローズンヨーグルトの下は季節のフルーツです。ころんとした器がかわいい。

 

お食事感想

実は。2年ほど前に「せかいえ」さんに宿泊したときの和食が印象に残るものではなくて、もう再訪はないんじゃないかなと思ってました。今回「せかいえ月の道」に宿泊を決めた時も正直お食事には期待してなかったのですが、いい意味で予想を裏切られる結果となりました。夕食も朝食もぜーーんぶ美味しかったです!


つづきます。

⑤感想&お得情報

④アメニティ&設備編

②お風呂編

①お部屋編

 

 

熱海:②ATAMI せかいえ月の道 お風呂編(2019年1月)

 まずは、パウダールームから。

f:id:tokyodinks:20190114164548j:plain

大きな鏡がライトで縁取られていて、ちょっと女優ミラー気分を味わえました。

洗面ボールは2つあり、脱衣スペースも含めてひろびろ。タオルもすべて2セットづつありますよ。

 

 

f:id:tokyodinks:20190114165232j:plain

なんと、フェイシャルスチーマーが常設されていました!これはうれしい♪

お風呂上りに何度も利用させていただきましたが、スチームミストが顔全体にまんべんなく広がってすごく良かったです。これ欲しいな~。買っちゃおうかな(悩)

タンクの水もすでに補充済みだったので、スイッチオンですぐ使える。こういうきめ細やかなサービスはありがたいです。

 

 

f:id:tokyodinks:20190114165321j:plain

大きなバルコニーに、露天風呂とデイベッド。

冬だったのでデイベッドに横たわることはなかったけど、あたたかい季節だったらここでのんびりと風にあたりながら読書とかいいですね。 

 

 

f:id:tokyodinks:20190119085552j:plain

露天風呂からの眺め。

源泉かけ流しで、湯温もちょうど良し。だけど、ふたりで入るには狭めな造りです。

んー、これだけ広い空間なんだからふたりサイズの湯舟にすればよかったのに。

 

 

f:id:tokyodinks:20190119085231j:plain

わたしの温泉旅行の楽しみのひとつが、朝焼けを楽しむこと。

明けてゆく空を眺めながらお風呂でからだをあたためる至福のときです。

 

 

f:id:tokyodinks:20190119085246j:plain
つづきます。

⑤感想&お得情報

④アメニティ&設備編

③お食事編

①お部屋編